デザイン・フェスタ vol. 38 報告

毎回参加させていただいてるデザイン・フェスタ、久しぶりに2日間とも出展してきました!

クジ運は弱いので、あまり期待していませんでしたが、棚ぼたの繰り上げ当選。
調子にのって2日間参戦したら、なかなかハードでしたが、おかげさまで、たくさんの方々とお会いし、お話し、描かせていただくことができました♪

今回は男性のお客様も多く、私にとってはチャレンジングなデザインの要望が多かったです。

著作権に触れない範囲で、デザインフェスタではなるべく(メヘンディのデザインではない)イレギュラーな要望にもお応えするようにしているのですが、そんなときに自分の間口の狭さを実感します・・・。
ヘナで描くのとペンで描くのは違うので、その辺も事前にご了承いただきつつ、しかし逆にいい風味が出たりすることもあるんです、たぶん(言い訳)。

ここでイレギュラーな作品のご紹介。

 

実際は勇ましい狼のご要望でしたが、愛嬌のあるワンちゃんになりました。でも喜んでくださってよかった^^

凶暴なオオカミのつもりが、気の良さそうなワンちゃんになりました (汗)。でも喜んでくださってよかった^^;

ハートだけどかわいすぎないようにとのご要望。難しいな。

ハートのモチーフを使って、でもかわいすぎないように、との男性からのご要望。ムズカシイ。

ブレスレットとお揃いの千鳥格子のご要望。これいいな。

ブレスレットとお揃いの千鳥格子のご要望。

 

そろそろ長袖を着る季節に入り、肌の露出が少なくなったからか、今回は胸元・首元へのご要望が多かったです。
メヘンディは皮膚の厚さによっても色が異なってきます。手や足のように皮膚の厚いところは非常に濃い色が望めますが、デコルテ付近はとても皮膚の薄い部分・・・手や足ほどの濃い色は期待できませんが、ちゃんとアフターケアすることできちんと発色してくれます。

 

df38_04

珍しく、ど真ん中に描いてほしいというご要望。

df38_06

ベリーダンスのダンサーさんでした。

df38_07

 

df38_05

 

df38_08

ステキな衣装。実はホラーマスクを制作していらっしゃるアーチストさんです♪

df38_09

 

今回、2日間出展したことで、1日目に描かせていただいたお客様の状況を2日目に拝見することができたのがありがたかったです。

最初の色がオレンジなので驚いている方がいらっしゃいましたが、ヘナは、当日よりも翌日、翌々日・・・と色が変化していくところも魅力です。それもその人のお肌の質や体温などによっても違うので、いつも興味深く。描く者としては、その後、お客様の満足する色が出たかどうかが一番気になるところです。

 

描いた翌日の色。次の日はもっと濃い茶色になります。

描いた翌日の色。ここからさらに濃く変化していきます。そしてピークを迎えた後は、ゆっくりと消えていきます。

 

おかげさまで2日間とも大忙しで、会いたかったアーチストさんにご挨拶したり、他のブースを見て回ったりする時間が残念ながら全くとれず・・・

 

ご近所のアーチストさんとは、挨拶を交わすようになったりして、特に、イラストの池田紅さんには、メヘンディも描かせていただき、とても興味を持ってくださいました(上の手の写真がそれです)。
ご自身でも描いてみるとのこと、こんなに絵ののセンスのある方なら楽勝です^^
最後にご自身のイラストをくださって、感激しました。ありがとうございました!

ひとつひとつのこうした出会いがいいですよねぇ、デザイン・フェスタ。

 

そんな感じで、あっという間の2日間。

たくさんの方に、メヘンディを知って、体験してもらえたのなら幸いです。
たずねてきてくださった方々、どうもありがとうございました。

 

次のデザイン・フェスタは、2014年5月17(土)〜18(日)。

もし当選していたら、春にビックサイトでお会いしましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です