デザインフェスタ vol.41 (5/16〜17 @東京ビッグサイト)に出展します

春のデザインフェスタの季節です!

今回も、土日の両日とも出展させていただきます。

BiNDU Hennaのブース番号は1階の「G-36」に決まりました。
ご都合あえば、是非のぞきに来てください。

 

Anna_2015
(Model: Anna)

 

デザインフェスタ vol.41
●会場:東京ビッグサイト 西ホール全館  [地図]
●開催日時: 2015年5月16日(土)・17日(日) 11:00~19:00
(BiNDU Hennaは両日とも出展いたします)
●ブース番号: G-36
チケット情報
(1日券:前売800円/当日1000円、両日券:前売1500円/当日1800円)

 

アート作品、雑貨、手作りアクセサリー、パフォーマンスなど・・・他にもさまざまなアーチストのオリジナル作品が集結しています。ご自身のテイストにピッタリ合った作品に出逢えますように。

お会いできるのを楽しみにしています。

 

 

 

Here we go!
Design Festa vol.41 is coming this weekend.

BiNDU Henna is going to participate in it for both days and

the booth number is [G-36], which is on the 1st floor.

 

International Art Event Design Festa

 

 

Design Festa Vol.41
●Venue: Odaiba, Tokyo Big Sight, West Hall  [MAP]
●Date: 16 (Sun) & 17 (Sat) May 2015, 11:00~19:00
(BiNDU Henna will be there for both days)
●Booth No.: G-36
Ticket Information: 
(1 day pass: Advance 800yen/At the door 1000yen, 2 days pass: Advance 800yen/At the door 1500yen)

 

Artistic production, accessaries, live performance, and even gourmet food stalls…. hope you will find your favorite arts at Design Festa.

Look forward to meeting you there!

 

 

 

メンズメヘンディ

ごぶさたしております。新年の誓いも虚しく、またブログ更新を怠ってしまいました。猛反省・・・。

最近、珍しく男性からの依頼がありました。
お仕事されているお店の9周年記念のパーティーがあるということで、背中一面に薔薇と茨(いばら)のモチーフを中心にとのご要望でした。お好きな千鳥格子と、インド柄もと、盛りだくさん。
もともとお花が好きなんだそうです。お花柄の好きな男性っていいな、と思いました。

back_rose_2015
(ご本人に了解を得て掲載しています♪)

 

乾いてから、そーっと服を来てお帰りになりましたが、パーティでは一晩中ずっと裸で、風邪を引かなかったかが心配です。

 

 

 

ありがとうございました

いつものことですが、ちっともブログの更新ができませんで失礼しました。

今年はとにかく忙しすぎて、そうなるとどうしても苦手なことを後回しにしてしまうのが敗因。反省。

来年はもうちょっとがんばるゾ。

 

前回のデザインフェスタで面白かったのは、顔に描いてほしいとおっしゃった男性がいたことでした。
師匠のRiffatから顔には描いてはいけないと言われていたし、これまで頼まれることもなかったし。
でもいつかやってみたいと思っていたのでチャーンス。

ヘナをしっかり理解していただき、本当にいいのか途中何度も確認しつつ(笑)、ご本人のご希望で蓮の花を描かせていただきました。
許可を得たので写真を掲載させていただきます。

DF40_face

 

結果的には、意外にもヘナの色が出なかったのです。
がんばって一晩そのままで寝てくださったにもかかわらず。
顔は気温の寒暖に強いし、皮膚も分厚いのではと思っていましたが、思いの外、薄いのでしょうか。
それとも意外に顔の温度は低いとか、皮脂が多いとかそういうことなのか。誰かご存知なら教えてください。
また機会があればぜひ挑戦してみたいと思います。

 

今年もヘナを通していろんな出会いをありがとうございました。

また2015年もどうぞよろしくお願いいたします。

BiNDU Henna

WorldFes2014

パーティ・メヘンディ

 

メヘンディが大好きとおっしゃるお母様から、お嬢様の15歳のお誕生日パーティーに是非メヘンディを、というご要望をいただき、お宅を訪問してきました。
3時間描き放題(描かれ放題?)のコース。

普段、15歳とふれあう機会なんてないもので、お嬢様のお友達が5人ほど集まり、とっても新鮮で楽しかったです。
順々にそれぞれのご希望のメヘンディを描かせていただきましたが、
全員手首にお揃いのデザインを描いてほしいだなんて、嗚呼、若さっていいな!

とっても落ち着いたステキなお宅とご家族で、すっかりリラックスしてしまいました。

 

PartyMehndi2014

みんなで星☆マーク!

ビバ、15歳! お誕生日おめでとうございます!

 

 

 

ブライダル・メヘンディ

ニューヨークに住むインド人のカップルが都内の某高級ホテルでトラディショナルなヒンズーの結婚式を挙げるということで、縁あってブライダル・メヘンディをさせていただきました。

先方の要望で、モチーフに日本の桜や椿を入れたり、デザインするのも楽しかった。

当日は、ご親族の方々にもたくさん描かせていただきまして。
描いている間、ホテルには米国やインドから続々とご親族・ご友人が到着し、ひとつのホテルのお部屋に20人くらいのインドの方々が集合して、日本にいながらインドを感じる不思議な空間でした。

約8時間描き続け、その間トイレ休憩1回のみ。でもあっという間。
花嫁さんにはところどころ休憩を挟みましたが、描く方も描かれる方も体力勝負です。

いつのまにやらココナツの実やら宗教行事の小道具が部屋に運ばれ、インドから司祭が到着し、花婿の馬もガレージに手配され・・・

こんなインドな結婚式に私が東京で遭遇することはもうないでしょう。
おふたりさま、どうぞお幸せに♪

bridal_2014      bridal mehndi2

 

描き初め

お正月、実家に帰っても手持ち無沙汰なので、家族のガラ携にデコってみる。
 
 
I painted my family members’ mobile phones.
There is not much to do while I’m staying in my parents’ house for the New Year holidays.
 
 
mobile
 
 

2014年ご挨拶

2013年は、おかげさまでめまぐるしくあっという間の1年でした。
気がついたらもう2014年。
 

明けましておめでとうございます。
 

新年は10日から再開いたします。

今年も精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
Greetings for the season!
The year 2013 got finished so fast.

This year also, I’ll try to put more of my heart and soul into my work related to Mehndi.

May 2014 turn out to be a happy and prosperous year for all of you!!
 
 
 
 
2014

 
 

金沢文庫芸術祭に行ってきました

2013年9月22日(日)、今年で15回目を迎える「金沢文庫芸術祭」。
横浜市の海の公園では、1dayイベントにするにはもったいないほどのたくさんの参加ブースや催しと、大勢のお客様で盛り上がりました。

 
今回は、来月10月の12〜14日に逗子海岸で開催される「浜の芸術祭」が交流出展するということで、お手伝いに行ってまいりました。この浜の芸術祭には、BiNDU Hennaも出展します。

何かお役に立てれば、と朝から意気込んで行ったのですが、まず金沢文庫と金沢八景を間違えて電車を降りてしまう失態。この辺の土地に慣れていないことがバレバレです。

シーサイドラインに乗り継いで、やっとこさ会場に到着。
この日は見事な快晴で、ときおり吹く海の風にハッとします。

現地に着いて、まず竹の間伐材を使ったドーム作りのお手伝い。
2種類の長さの違う竹の棒をジョイントで繋ぎながら、直径約6mのドーム状の屋根を作っていきます。
これまた、屋外の作業に慣れない私は要領を得ず、お邪魔ばかりになってしまったような・・・こういう幾何学模様に必要な数学的センスに欠けていることも敗因か・・・

 
↓ 竹のドームがだんだん出来ていく様子。なるほどー。すごい。
このドームは逗子の「浜の芸術祭」でも組み立てられ、中ではプラネタリウムやヒカリのプロジェクトなどさまざまなイベントが開催される予定です。ぜひお越しくださいね。

20130922_1

20130922_2

20130922_3

後半は、作業を諦めて、チラシ配りに専念しました。が、途中、会場をぶらぶら散策させてもらう時間のほうが長かったりして、実際この日、私がどれほど役に立ったかは疑わしいところです。

 
 

帰る前に、この日、金沢文庫芸術祭に出展していらっしゃった、横浜を中心に活動されているメヘンディ・アーチストの「ヒトミ」さんに描いていただきました♪
ゴージャスなデザインがステキです☆

20130922_mehndi

ヒトミさんも、11月最初の土日に東京ビックサイトで開催される「デザインフェスタ vol.38」に出展されるそうで、こんなところで同じメヘンディで同じイベントに出る人と出会えるなんて縁があるなぁと思いました。

 
 
日に焼けた首元がヒリヒリするのを感じながら、しばらく海を眺め、幸せな気持ちで金沢文庫を後にしたのでした。

20130922_5
 

 

 

名古屋の報告

とにかくいろいろあった名古屋の3日間で、なかなか話がまとまらず。
私は感じたことを言葉にするのに時間がかかるらしく、日が経つごとに、ジワジワとやってきます。

なにより、今回の名古屋滞在中は雨が降らなかった。いや、ちょっとだけ。でも致命的ではなかったので、これで、私が名古屋に行くと嵐になるというジンクスは解けたと思って安心しています。

 

<1日目:ワークショップ>

喫茶クロカワのクロちゃんがスムージーを作る中、マフィン屋レディバグの片隅をお借りしてワークショップを行いました。参加者のみなさまは熱心に話を聞いてくださり、練習に励み、それぞれかわいく素晴らしいオリジナル作品を自身の肌に描いて帰られました。以下に一部ご紹介します。

人の中から生まれる創造を見るのはいつも楽しい。

 

WS_nagoya_1

この世界観いい

WS_nagoya_2

かわいい♪

WS_nagoya_3

うますぎる!

ご参加いただいた方々、どうもありがとうございました!

 

 

<2日目:アジアンな意図>

民家を改造した、ほっこりする空間「iccco」にてゆるやかにそして盛況に開催されました。ベジ中心のとにかく美味しそうなお料理ばかりで、色とりどりの短冊に書かれたメニューを見ているだけでワクワク。

メニューいろいろ

メニューいろいろ

ほんの一部です

ほんの一部です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

植物系おかずは全部制覇!どれもウマー!

ここでは毎月イベントをしているので、参加者のみなさんはお互い気心がしれているようで、まるで大きな家族のおうちにお邪魔したような気分でした。みなさんそれぞれが、まさにサティッシュ・クマールの言う「頭(Head)、心(Heart)、手(Hand)の3H」を実践していて、自然を愛し、自然のサイクルと共に生きる人たちの生活スタイルはとても勉強になりました。

私も活動してまいりました。夏休みということもあり、お子さま方にもたくさんメヘンディを描かせていただきました。まるで注射を受ける前みたいに緊張するさまがかわいらしい。普段は子どもと触れ合うことがない私ですが、この日は素直な心に癒されました。

nagoya_asianight_3

3人仲良く

nagoya_asianight_6

男子も

nagoya_asianight_5

 nagoya_asianight_4

こんな暖かいイベントに参加させていただき、関係者の皆様に心から感謝します。

 

 

<3日目:帰途>

あっというまの名古屋滞在。

新幹線に乗る前に、ずっと前から会いたい人がいました。
名古屋を中心にメヘンディで活躍されているハート・フールのスズケーさんです。

いつも描いてほしいなぁと思いながら機会がなく、今回名古屋に来る前も、バタバタして予約どころではなかったのです。ところがなんと、私のワークショップに来てくださって(そう、上記ワークショップでの一番右の写真はスズケーさんの作品だったのです)。

そんなご縁があって、サロンにお邪魔することになりました。

こちらが描いていただいたメヘンディです。
独特の洗練された緻密さとかわいらしさがあって、本当にステキです☆
こちらのハートフールさんのリンクもご覧ください。写真がもっとキレイ)

nagoya_s

Mehndi by ハートフール

 

今回気付いたのは、私自身、これまであまりメヘンディのアーチストさんと交流する機会も描いてもらうこともほとんどなかったなということでした。スズケーさんとお話しできたことも、描いていただいたことも、とっても刺激となり勉強となりました。まだまだ学ぶことはたくさん。

常に意識を高める努力をされているスズケーさんが私のワークショップにさえ参加される理由も納得しました。

楽しくてつい長居してしまいましたが、スズケーさん、ありがとうございました!

 

 

 

さてさて、右の手のひらに描いてもらったのですが、大量の旅行荷物を全部左手1本で持って帰ったため、東京の家に着いた頃には左手プルプルガクガク。しかし右手のメヘンディは死守しましたよ。プルプルプル・・・

 

名古屋のまとめ:新しい人との出会い、気づきの時間、既知の友との魂の交流・・・どれも時間が経った今でも、ジワジワきてます。

 

メヘンディの色に思ふ

先日のデザイン・フェスタで描かせていただいた方から写真をいただきました。

右がメヘンディを描いた日、左が3日後の写真。

大事にしてくれてありがとうございます:)

DF37_1

 

 

 

DF37_2

 

 

 

 

 

 

 

個人差がありますが、メヘンディは描いた2〜3日後が一番きれいに発色します。
当日や翌日は明るいオレンジ色になり、その後、赤茶色、さらに濃い茶色になり、徐々に薄くなって消えてなくなっていきます。
これは描く部位や温度、取り扱いによっても異なります。

ある方が、「薄くなり始めると、自分の手に紡がれた何かがほどけていってしまう感じでその模様がすごく愛おしく感じます」とおっしゃいました。
なんかいい表現だ。

私もいつもメヘンディのこんなところに、諸行無常というものを感じるんだなぁ。

明日はいつもまた新しい一日。